a precious memory....

朝会社に行ったら、今アサインされてるプロジェクトのマネージャー(アメリカ人)が、今週July 4thのバケーションで休んでるらしく、pacific timeで朝まで対応してもらえなそうなので、とりあえず家に帰ってきましたわ。
それにしても暑いわね。この湿気が特にね。
家で仕事の時、この季節はA/Cつけないとやってられないわ。
私、暑さにめっぽう弱い。
冬の方が好き。ファッションも。

あー。ハワイに行きたい。
こうなったらグアムでもいいやー。
海辺にねっ転がりながら、だらだらと小説でも読みたい気分だわねー。
(写真は去年行ったハワイ・ワイキキ。私は海外ビーチの監視台がなんか好き☆)

b0016195_14123769.jpg


さっき、非公開にしてる昔のエントリー読んでみたら、とっても懐かしかった。
2004年のエントリーって軽く6年前だよ!? わお!!
サンタモニカの家、懐かしいな。
私が住んだ後、兄一家が住み(2年前こちら一家も帰国)、その後は人に貸しておりましたが、もうさすがに誰もLAに住むことは今後なさそう・・・ってことで、去年両親が売りに出しました。おそらくLAの不動産は2006年あたりがピークでその後は、ご存じのようにvalueは下がる一方・・・。

古い家だったけど、ロケーションは最高だったよ。Main Street.に近いところです。。
基本、ローカルの人がのんびりショッピング・お茶するような感じなんだけど、最近だとあの有名なセレクトショップPlanet Blue があったり、とっても好きなエリアです。

ご近所さんも昔から住んでて、いい人たちばかりだったなー。
昔のエントリーに 「block party」のこと書いてる記事があるけど、
ここにいる、ジンは、私が完全帰国する3日前に癌で亡くなりました。73歳でした。
9月1日がジンの誕生日だったんだけど、誕生日パーティーでみんなに「実は俺は癌にかかってるんだ!でも絶対あきらめない!!」って高らかに宣言して、その強さをとっても尊敬してました。
で、なくなったのは12月23日。亡くなる前夜に、もうすぐ日本に帰っちゃうよー、って報告に行こうと思ったら、容態が急変しもうお話ができないほど衰弱した姿になってて、これが一生の別れになると直感的にわかり、号泣してしまいました。

ジンはね・・・・。
アメリカのおじいちゃんです。 私が2004年にアメリカにわたってサンタモニカの家で一人で生活を始めた時、一番近くで心配してくれてた保護者です。
夜は、いつも 「かんなー、ちゃんとカギかけた?」って隣の庭から声をかけてくれてたし、
ゴミの日は 「表にだしとくよー」っていっつもやってくれたし(LAはでっかい専用ボックスを道に出す)、
ペーパーの文法チェックは、持っていったらいっつも読んで直してくれたし・・・・・
数えたらきりがないくらい、沢山沢山、お世話になって、愛をもらいました。

離婚して子どもとも離れ離の生活が長かったようで、孤独な最後だったのかもしれません。
でも、ほんとに愛にあふれ、いつも笑顔で友達に囲まれていた印象です。
若いころは写真家として活動してたようで、ジンの家は70過ぎの人が住む部屋とは思えないほど、センスに満ち溢れた部屋に住んでいたし、ジーンズを常にはくおしゃれな人でした。
ベニスのphoto schoolで講師をしてることもあったし、自分が撮りためた写真を73歳のbirthday partyにカッコよく演出してたね。
とってもとっても素敵な、愛にあふれた人でした。
学校から帰ってきて、庭先でジンを発見して、あれやこれやとたわいもない話をして、家に帰るときにはいっつもbig hugしてくれたんだ。

今頃、自由に空飛んで、大好きな写真をパシャパシャとってそうだな~
I miss you so much Gene....


時は過ぎて行くね。
それに伴い環境も変わるし。
それでも大事な人との思い出は普遍だね。
サンタモニカの家も、まわりにいた人も、すごく I miss everything! だけど、
大切なことは全部心に残ってるし、いつでも思い出せる。
それだけで十分だね。

で、この大事な思い出(なんかこういうととっても軽く聞こえるのはなんだろう?something very special to meなかんじを言いたい・・・)があれば、困難はある程度乗り越えられると思う。
まずは・・・今日やる仕事を終わらす!
[PR]
# by spiralmind | 2010-07-05 15:31

hankypanky

ハンキーパンキー。
愛してやまない下着、パンティだ。

私はLAの大学に通っていたが、アメリカの若者のパンティのディフォルトはタンガ(T-back)だ。
洋服にパンティラインが出るほどダサいものはない、と認識されている。
よって、ランジェリーショップのパンティコーナーは8割タンガ。
必然的にそれまでT派じゃなかった私も、タンガ派に・・・・。
でもちょっと紐が腰あたりに食い込む感じが苦手だったが、このハンキーパンキーに出会って、タンガ人生がばら色になりました。


締めつけかん、ゼロ!そしてラインが出ない!!
最近は日本でも取扱増えてうれしい限り。
海外に行くと、必ず10枚ほどまとめ買いします。

日本の子は、めちゃかわいくおしゃれしてるのに、なぜ下着ラインに無頓着なんだろう。
地下鉄の階段。
前にいる子のおしりにくっきりパンティライン出てたら、私が恥ずかしくなっちゃうわ。
あと、階段登ってて目が行くのは、靴のかかと。
かかとがどちらかの方向に急激にすれてる人みると、百年の恋も冷めてしまうわ。
若い女の子なんて、なぜあんなに内またなのか。どこの国に行っても、日本女子の内また率は圧倒的だと思う。これも何かの文化から?

日本のランジェリーショップのパンティ売り場、タンガは1割だよ。
もしかしたら、日本では小尻で平べったいのが美しいとされているから?
確かに、着物を着るときはその方が絶対に美しいけどね。
タンガはプリッとしたおしりではくと、最高にクール!セクシー!!
男性諸君にデカ尻だといわれようとも、そのプリッ尻に誇りをもって行こうじゃないか!!
[PR]
# by spiralmind | 2010-07-04 17:20

life is about trade off

遅い時間に起きて、だらーっとテレビを見つつ水をがぶ飲み。
最近は、目覚ましよりも、暑さで起きる。
冷房の中寝るのは苦手なので、夏はほとんど暑さで起きる。
でも、その前に宣伝カーのスピーカーからのうるさい音で起きた。
昨日は、隣の建設中の家の作業音でおきた。
なんだか、不完全燃焼な感じ。
週末くらい思いっきり寝て目覚ましにも邪魔されず心行くまで寝ていたいのに。

さっき、思い立ってまつ毛パーマに行ってきました。
近所の家でホームエステをやってて、まつ毛パーマの看板が出てたのをふと思い出して。
電話して「今から10分後でやってくれますか?」と。
徒歩3分の近さで、ひとりおばさんがやってるところなので、本当に気軽だ。
てきぱきと、手際よくやってくれた。
なんと所要時間30分。 でもちゃんと綺麗にくるん、と仕上がっている。
しかも料金は3000円。

社会は役割分担だ。
私は、役割分担がきっちりできているこの社会に本当に感謝する。
まつ毛パーマをやってくれる人、ネイルを綺麗にしてくれるひと。
手紙・小包を宅配してくれる人。病気になったら診てくれる医者。おいしいものを料理してくれるシェフ。等々。
だから、私も仕事を頑張って自分ができることを社会に貢献できたらいいと思う。

さて、まつ毛パーマをさっくり終わらせ、コンビニで買ってきた氷でアイスコーヒーを飲みながら
つまらないテレビを消して、the rootsの最新albumを聞いている。
本当に、好きだ。前よりrock調が強くなっている気がするが、ますますカッコよさを増している気がする。


私は、好きなアーティストの音楽は絶対CDを買って、聴く。
借りることはしないし、データで買ったりもしない(istoreなどから)。
コピーしたCDから聴いても同じなんだけど、でも違う。 
オリジナルっていうのに意味がある気がするんだよね。
音楽は生活の一部で、好きなアーティストにはroyalな方だと思うので、CDが積もりに積もっていく。
誰かの家に行くと、オーディオコーナーをさりげなくチェックするかも。
どんな音楽聴いてるのかな、って。
自分と同じテイストのものを発見したら、うれしくなるし、違う分野でも、どんな感じなの?ってわくわくする。
だから、好きな男の子の家に行って何もCDを発見できなかったら、とってもがっくりするかも。
そして、それ以上好きになれないかも。笑
それにしてもCDは全然売れなくなってきてる。
それはこないだタワレコに行った時に痛感した。週末なのに人はまばらだし、活気がない。
データ化されてるのね。
将来どうなっちゃうんだろう。CDがなくなったらいやだなぁ。

そんなことを考えてたら、大学のプロフェッサーが
「life is about trade off」だ。
と言っていたのを思い出した。
人生は新しいものを手に入れ、古いものを捨てるのだ、と。それを基本に人は人生を送るのだ。
これを思い出し、これから部屋を掃除しようと思う。
古い、使わないものを処分しよう!
きれいさっぱり。

久しぶりに予定のない日曜日。
こんなのもたまにはいいね~
[PR]
# by spiralmind | 2010-07-04 16:54
spiralmindです!
実は、このブログ 2004年からやっておりましたが、ここ3年ほど放置・・・。
で、何かまた書いてみたくなったので、また始めようかと思ってます。

久しぶりにこのブログにログインしてみたのも、急にこのブログの存在を思い出したから。
ためしにログインID、パスワード、を入れてみてログインできたのは奇跡!!
アクセス数を見てみて、またまたびっくり。 ここ一年間は平均訪問者数ゼロ!笑
ま、放置してたんで当然ですが。
たまに一日に5人の訪問者があったのは、いったいなぜ?!

とりあえず、簡単に自己紹介をすると、都内の外資系企業に勤めるOLです。一般企業というか専門職です。
このブログをやってた3年ほど前までロスアンジェルスの大学に通い、3年前に卒業後帰国、今に至る、という感じです。

というわけで、当時のこのブログは学生生活の愚痴が80%を占める、とっても退屈なものでした。
当時はそうはおもってなかったのかもしれませんが、今当時の日記を読み返すと、ほとんどテスト勉強に追われる過酷そうな学生生活を送る私の日々の生活ばかり。
でも、かなり必死だった日々を懐かしく思い出せました。

当時の投稿をそのままにしておこうかと思いましたが、なんとなく恥ずかしく、今の生活とのギャップがありすぎるので非公開にしてます。
そのうち気が向いたら、公開するかも・・・・。いや、ないか。
当面は、自らの当時の生態が知りたくなった時の自己参照用としてキープしておきたいと思います。
[PR]
# by spiralmind | 2009-10-12 02:38